画像1


明けましておめでとうございます。今年の年末年始は、実家に帰ったりもしましたが、自宅にて本を読んだり、事務処理をしたりと時間を使いました。

そんな中でAmazonプライムの素晴らしさを体感するところから2014年がスタートしたと思っています。

Amazonプライムと言えば、年間3900円で、対象商品なら、お急ぎ便・お届け日時指定便の配送料(300-500円)が無料のサービスです。月一回以上買い物をするひとにはこの配送料が無料になるのでお得と言えるサービスです。

詳しくは最近まとめた方がいたのでこちらより。

Amazonプライム会員の特典、料金、退会をまとめた
http://www.rfmori.com/2013/11/prime-amazon.html?m=1

また発表によるとAmazonプライムユーザーはクリスマスシーズンに100万人増加し、累計数千万人にもなるそうだ。

Amazonプライム会員、クリスマスに100万人以上増加
http://www.itmedia.co.jp/news/spv/1312/27/news040.html

このサービスを今更ながら素晴らしいと認識したのは、お店のほとんどがお休みの年末年始のところも、翌日届く(注文した時間によっては当日届く)と言うユーザー体験を提供している点です。

普段は自宅にいることがあまり無いので翌日届くと言う体験の素晴らしさを忘れていましたが、翌日届くと思うと、外に出て買い物する必要が無くなります。

画像1

ちなみに2013/1/2にAmazonプライムで購入したイーロン•マスクの野望と、赤羽さんご本人よりぜひ読んでみて欲しいと仰っていただいたゼロ秒思考、これらが翌日に届いた。ただ、それだけを提供しているだけ。だが、本当に素晴らしいと思いました。

Skyland Venturesとして、物流×ITベンチャーである鮮魚流通のAmazonを目指す八面六臂と言う会社へ投資させて頂いておりますが、八面六臂松田社長からよく聞くのは「物流とは、ドラッカーに最後の暗黒大陸である」と言わしめた分野であるそうだ。

関連記事で下記の記事では

ダイヤモンド・オンラインPlus物流イノベーション http://diamond.jp/articles/-/32994

『物流施設事業に本格参入する三井不動産は、今後6年間に2000億円を投じ、三大都市圏を中心に約20棟を建設予定。良品計画は、同社最大の物流拠点、浦安センターが手狭になったため、埼玉県鳩山町に新たに建設する。大和ハウス工業も、全国の大都市近郊に大型物流施設を6~7カ所建設する予定 。

こうした動きの背景にあるのが、インターネット通販の納期短縮である。リアル店舗での買い物感覚に近づけるため、翌日配達ではなく、今後は当日配達が顧客満足度を高める鍵になると考え、前線基地となる最新鋭物流拠点の整備が進む。』

と言った形で顧客満足のために当日配達を目指す動きが増加していることが紹介されています。一方、八面六臂の属する鮮魚の分野は何十年と、当日配達が主流となってきた市場であり、進んでいるところも多くあるようです。当日届けることの出来る仕組みが既にあると思えばそれは非常に先進的です。

また、グローバルでは、最速で1時間以内に商品が届く『ebay now』と言ったサービスも2012年8月からスタートしている模様。

オーダーから最速で1時間以内に商品が届く『ebay now』がベータサービス開始!
http://rocketnews24.com/2012/08/07/238263/

商品がすぐ届くと言う体験を突き詰める。こんな分野にもベンチャーこそ徹底したユーザー体験を実現する思想でもって産まれて欲しいし、そんな会社を支援したいと思った年始でした。

今年もよろしくお願いします。