2014-12-03-15-20-23


IVS 2014 Fall Kyotoのセッション「クリエイティブ・デザインの力を経営に活かすには?」より。

車椅子と言う領域にイノベーションを起こすことを目指したWHILLチームは、マーケットが大きいのがアメリカと判断し本拠地をアメリカに移し、そこからの4つのポリシーを紹介する。

1.300人にヒアリング
なるべくメンバー全員で行なう。プロダクトを外したら、ハードウェアを作ってるスタートアップは潰れる可能性が高い。だからヒアリングも全員の意識合わせをする。

2.自分で乗って生活
数ヶ月に渡り電動車椅子に、WHILL CEO の杉江さん自ら四六時中乗って過ごした。その中で小さな段差なども乗り越えられないなどの現状のプロダクトの課題を肌で感じた。

3.本気で売る
プロトタイプであろうがなんであろうが本気で売りにいった。すると、5名がいくらでも買うと名乗りを上げてくれた。彼らには契約までして貰った。

▽最初に買ってくれたのはこの人だった
2014-12-03-15-22-07


4.5人のユーザーの声を聞く
買うと名乗りを上げた人達の声だけを聞
いた。

これらのポリシーで開発を行った。ここからは杉江さんの資料を写真で紹介する。

▽ある時期にはドライビング、ショッピング、ツアリングモードなどを作ったがユーザーがボヤけた。
2014-12-03-15-18-49


▽大事にしたのは、手にするところがまず目に入る。座るところを見えにくくした。それによってWHILLは新しい車椅子を提案した。これはずっと掲げているポリシー。
2014-12-03-15-23-14


▽WHILLが目指すはメガネ。昔はメガネかけてるとイジメられた。しかし、今はメガネはフアッションになった。
2014-12-03-15-25-01


杉江さんのスピーチはとてもパワーありました。
2014-12-03-15-30-03

(写真提供 IVS)