2014-05-05-00-27-37


テルマエロマエ2を見て来ました。これはもう凄い最高に楽しい映画でした。

古代ローマ時代と現代を浴場技師のルシウス(阿部寛)がタイムスリップして行ったり来たりしながら最高の浴場を作り続ける話です。

古代ローマ人と現代日本人の対比やタイムスリップの設定が鉄板な感じだったり、現代日本のことをヒントに古代ローマに浴場を作るアイデアを出していくとことかのあたりは、アイデアを出すってこういうことだよなーと思うし、映像作品としての演出も、テンポも素晴らしい。

忙しいであろう起業家にもぜひとも進めたい映画。

あと、テルマエロマエは漫画も一巻から無茶苦茶面白いと思うのですが、知名度が高い雑誌からスタートした訳じゃ無かったりなかなか当初は大変だったと推察しますが、それが映画放映されるとなると完全にマスの人達が知るコンテンツになる。当然ここまで認知度の上がるコンテンツはたくさんある訳では無いが、そういったコンテンツの源流を作って行く力は望まれている。

特にキュレーション的なコンテンツが世の中に増えている訳で、それはそれでニーズもあり良いことだと思いますがコンテンツをゼロから作り出すことは一方で必要だ。

コンテンツを作り出すことには大きな醍醐味が有り、作り出す人間がもっともっと増えて行かなければならないなと思いました。また映画に行きたいものです。