黄金の鐘を鳴らせ

シード・アーリーステージのインターネットベンチャーの支援を行うベンチャーキャピタルSkyland Venturesの代表パートナー木下慶彦の日々を発信します。

2014年も終わりです。この時期になると、12月末の退職を持って次の進路に向かうとの話や、要職を務める方は来年の3月での幹部退任との話が先行して発信されたりと言ったことが起きます。 今日はある意味ヘッドハンターを殺す破壊的なアイデアを書きます。しかし、それがタ ...

◾︎事業のタイミングの重要性 ベンチャーキャピタリストの仕事をして早くも5年半になります。いつも感じているのは、その時々のトレンドを掴んだ分野で無ければなかなか勝てないということです。 受託主体の会社がソーシャルゲームやアプリ領域の開発会社に転換して大きく ...

先日ドリコムの内藤さんが下記のような内容を投稿されていらっしゃいました。 昨日イベントで話していて思ったのはプロダクトファーストが大事なのはわかるけど、多くの人がどうやっていいかわからない。でも答えはネット上に大体転がっていてそれを徹底してやるという至っ ...

IVS 2014 Fall Kyotoのセッション「クリエイティブ・デザインの力を経営に活かすには?」より。 車椅子と言う領域にイノベーションを起こすことを目指したWHILLチームは、マーケットが大きいのがアメリカと判断し本拠地をアメリカに移し、そこからの4つのポリシーを紹介 ...

このページのトップヘ